再び北へ(石巻・女川、雄勝編)

再び北へ(石巻・渡波編)再び北へ(石巻・渡波・立町編)のつづきです。

今回は道路が多少通れるようになったということで、

主人が育った場所、雄勝に行ってみることにしました。

雄勝は義父の実家や親戚が集中しています。

義父が遠洋の船乗りだったため、主人はよく叔父の家に預けられ

従兄弟たちと一緒に育てられました。

3月の震災時で雄勝は津波の被害にあい壊滅状態だと聞きました。

3ヶ月経ってやっと帰ることができます。

すると、義父が「おまえ達に女川を見せたい」と言い出しました。

女川は渡波のすぐ近くの大きな町です。

ここは雄勝と違って震災時からよくテレビに映っています。

でも百聞は一見に如かず。よし、行くべ。


渡波から女川に向かう道は渡波同様の景色で、山道を越えて行くと、

いきなり目に飛び込むコンクリートの塊。


女川3ヶ月1


義父が見せたかったというだけあって、異様な雰囲気です。

渡波と違うのは、コンクリートの建物がゴロゴロと転がっているところ。

そしてテレビでも報道していたけど、


女川3ヶ月2


高台に見える病院の1階にも津波が上がってきて、

避難してきた人たちは慌てて上の階に逃げたとか。


女川3ヶ月3


こんなに高いのに水の勢いが衰えないまま飛び込んでくるなら

そこより下の建物はひとたまりもないでしょう。

道路はコンクリートが破壊されて砂利道のようになってます。

土ぼこりが舞い上がり、自衛隊のトラックがたくさん行き来して、

歩く人たちはほとんどが自衛隊員。一般車両はほとんど通ってません。

いったいどこが道なのか、それもわかりにくいです。

この病院が避難所および唯一の医療機関、さらに公的機関も

集中している場所になるそうです。

この辺りですら道路がガタガタ、土ぼこりだらけ。

ここから雄勝へ抜けるために海岸沿いへ走りました。


女川3ヶ月4


漁協の建物がありました。

産業の中心になる漁業関係の建物は車の出入りが激しいので

しっかりとアスファルトで舗装してあるはずなのだけど…

まるで山の林道のような土の道路になってます。

これ、ヘドロかなぁ。きっとこの下にちゃんとした道路があるんだと

思いますが、なにせ土と石だらけ。前のトラックが立ち上げる土煙で

前が見にくいです。


女川3ヶ月5


よくテレビで報道されていた鉄筋の建物です。

引き波の時に倒れたようで、海に向かって転がってます。

こちらに見えている部分は建物の床部分だそうで、

なぜか貝殻がいっぱい付着していました。

鉄筋むき出しの建物や、ボロボロなコンクリート塊の

建物だけが残り、ほかは土と瓦礫の山。

誰かが「爆弾が落ちた跡のようだ」と言ってましたが

たしかに原爆資料館で似たような写真を見たような気がします。

広島出身者としては、胸のあたりがギリギリと痛みました。



女川を通りぬけ、雄勝へ抜ける道路は山の中です。

ところどころ道路に亀裂が入っていたり、崩れていたり。

とっても危ないけど3ヶ月前は通れなかったところだから

開通してるだけ進んでいるということですね。

ところどころに集落があり、海に近い場所は津波の被害に

あっていました。

そして、運転している主人が「うわっ」と一声あげたのは


雄勝3ヶ月1


いきなりの光景。

子供時代をすごした場所が変わり果てた姿に・・・


雄勝3ヶ月2


公民館の屋上にバスが乗っている。

テレビで見たけど今もまだそこにありました。

雄勝は震災時に道路が寸断されてしまい、女川や南三陸など

テレビで報道されるのに、同じく町全体が壊滅しているにも

かかわらずしばらく実情がわからない場所でした。

なので瓦礫撤去も遅かったらしいです。


雄勝3ヶ月3


女川と違うのは「ほとんど残ってない」こと。

いやいや、動画サイトなどで見る震災直後の雄勝は

そりゃもう山になった瓦礫で道路すら見えませんでした。

瓦礫を取り除くと基礎しか残らない。

雄勝は遠くまで見渡せるようになりました。


雄勝3ヶ月4


奥の山のほうまで津波は押し寄せ、瓦礫がスクリューのように

渦巻きながら上がってきた、と仙台に避難している叔母が

話してくれました。

たしかに奥のほうまで削れています。


雄勝3ヶ月5


雄勝の役場は形こそ残っていても立ち入り禁止になってます。

ここも瓦礫が流れ込んで、1階の屋根に車が乗ってました。

でも、こんなシャレた事ができるほど前向きな人たち。

素敵です。


雄勝3ヶ月6


主人が育った上雄勝。

目の前は海。

ぐるっと見渡せるくらい何にもなくなって、目印になるものも

無くなったので、一度通り過ぎてしまいました。


雄勝3ヶ月7


この枠が子供の時の家だった場所。

もともと何も無かったかのように生活の痕跡はありません。


雄勝3ヶ月8


家の目の前は雄勝湾。

親子で静かな海を見る背中がちょっと寂しいです。


雄勝3ヶ月9


この下は歩けるようになってて、子供の頃はよく

ここで釣りしたり飛び込んだり遊んだそうです。

よく見るとコンクリートの通路は沈んでいました。


雄勝3ヶ月10


雄勝湾にはまだまだ瓦礫や車などが沈んでいて、

漁師さんたちが船を出して引き上げていると報道されて

いたのを思い出しました。

行政に頼らず、自分たちで海を取り戻すという強い気持ちで

がんばっているんだそうです。


雄勝3ヶ月11


道路を隔てて向こう側には、本家と叔父の家がありました。

地震の時、叔父も叔母もそこにいたようですぐに高台へ

避難して無事でした。

でも鉄工所の鉄筋が飛んできて、家はバラバラになったみたいです。

生活用具が散乱していて、えぐられた花壇の花がポツンと咲いていました。


雄勝3ヶ月12


右手の木枠が残っているところが本家のお家だったとか。

年賀状をいただいていたおじいさんと息子さん夫婦が

住んでいました。

こちらはとても残念な結果になりました。


雄勝3ヶ月13


大きな瓦礫は取り除かれていても、まだまだ片付くには

時間がかかりそうです。


雄勝3ヶ月14


山の斜面には瓦礫の残骸がひっかかっていて、そのあたりまで

水があがったと思われます。

一戸建てだと2階は余裕で越えています。

なにせ小学校の屋上に家の2階部分が乗ってるくらいですから。


雄勝3ヶ月15


学校の周りには家がいっぱいあったのに…と主人が

言ってました。

大木と、上半分が無くなった車と、


雄勝3ヶ月16


誰もいない町。


雄勝3ヶ月17


船もいない海。


雄勝3ヶ月18


決して忘れてはいけない光景です。


雄勝3ヶ月19


ここまで何にも無くなると逆に潔く納得できるな、と

主人と義父が話していました。

形はなくなっても思い出は消えないし、と。

でも、震災以来たくさんの事を諦めたり受け入れたり

している姿を見ていて、胸が締め付けられる思いが

しました。




まだつづきます。


1

comment

管理者にだけメッセージを送る

ご来訪カウンタ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おしらせ
犬猫の避妊去勢に対する
各市町村の助成金リストです
捨てるなら、殺すなら
生ませないでください
せっかく生まれてきたのだから
最期まで愛してください



猫と暮らしたいと思ったら、 ペットショップへ行く前に こちらをご覧ください。 良いご縁がありますように(^^)

山梨のエヌさんとfemiさん、
東京のKAZUさんが主に
掲載されている
里親募集サイトです。
里親募集(東京・山梨)
名古屋で保護活動されている ぶたまるさんの募集サイトです。
プロフィール

abi

Author:abi
びーと(だぁりん)とabi(あび)です

090509_0858~0001[1]


ナナ2か月


(ナナ)
きじとらの♀
2008年5月5日生まれ
(びーと決)
体は小さいがニャンコキック
が得意。
かぁちゃんの背中を踏み台
につかうおてんば娘。
おもちゃで遊ぶのが好きで
くわえてもってくるのが
得意技。
への字になった口元が萌え


テオ2か月


(テオ)
ハチワレ白黒の♂
2008年5月5日生まれ
(びーと決)
アンアンとかナンナンとか
面白い声でよく鳴く。
体が大きくて長く、黒い
プロレスタイツを履いている。
ただし、もものところに穴が
あいてて白い毛がはみだしてる。
少しドンくさいところが萌え


よろしかったらココをポチっと↓

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

人気ブログランキングへ

モバペ|ペット人気ブログランキング

最新記事
最新コメント
お気に入りリンク
カテゴリ
RSSリンクの表示



1日1回のお楽しみ




テオナナささみ大好き
安売りの時に買います
テオナナの主食です

100枚入りでお得!
我が家のネコ砂(おしっこ用)
我が家のネコ砂(うんち用)
脱臭効果ばっちぐ~!
ポイント10倍で楽々お得 快適ねこ生活

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード