スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻、久しぶりの顔に安堵

30日の早朝に出発して12時すぎに石巻に着きました。

今回の目的は、従兄の奥様の葬儀および一周忌にいたるまでの法要のため。

彼女はいまだに帰ってきません。きっとどこかの南の島で、

記憶を失くしたまま楽しく生きているんでしょう、と法要後に

住職さんがおっしゃってました。

1年経っても気持ちの整理がつかず弔いをためらう家族も多いらしいです。

そりゃそうだなと思う反面、不明のままの人にも、生き残った家族知人にも

道を開くために区切りは必要かもしれないとも思います。

こればかりは何が正解なのかわからない。



震災後、実家には通うものの避難してバラバラになった親族とは

電話で話したきり顔をみていませんでした。

こんな時にしか集まれないのはどこも一緒なんだけどね。

1年経って落ち着いた状態で会えたのはいいことなのかもしれません。

それぞれ近況が見えて、今後のことも笑いを交えてお話できたし、

少し安心しました。

通夜や告別式には雄勝の人たちもお参りに来てくださって、

だぁりんの幼馴なじみやお世話になった懐かしい人たちもいたそうで、

しめやかな中にもドッと声が上がる時もあり、良い式だったなと

新参者の私が生意気ながら思いました。



さて、1年経った石巻の現状は・・・

東北道や主要道路がある場所には新しいお店がたくさんオープンしてて

活気がありました。

大手住宅会社の出張所には復興のための住宅建築に協力する旨の

張り紙もあったりして、民間企業ががんばってる姿が目立ちました。


石巻1年-1


この辺はもう震災のあとは見られません。

ただ新しい店舗が多いかな~というところだけ、東北の港町にはちょっと

合わないかなって感じでしたけど・・・

でもおかげで雇用も発生するでしょうし、気分も明るくなるでしょうから

きっといい効果を生んでいるんだと思います。




石巻大橋はまだ改修作業が続いてます。

欄干も道路もぼこぼこ。このあたりからちょっと遅れてるかな~と感じました。


石巻1年-2


この橋は震災時、鉄板を敷いて応急処置されていました。

自衛隊車や大型トラックが通ると鉄板がガタン!と跳ね上がるので

徐行するため渋滞が発生していましたよ。

それでも川の多い石巻は橋が寸断されると孤立するので、何度も

補修して復旧に貢献してたと思います。

この橋が落ちなくて良かったと心から思いました。


石巻1年-3


向こうの橋のドーム状の建物は石ノ森章太郎美術館です。

当時はここも相当な浸水で中に取り残された人たちがいたそうですが

救出されたというニュースがありました。間近に行くと宇宙船みたい。

宇宙船みたことないけどね( ̄∀ ̄)

夢も命もつないでくれた石巻のシンボルってとこでしょうかね。

そういえば、渡波の実家の裏にある伊達のサンファン記念館はまだ閉鎖中でした。



渡波のがれき置き場。

まだいっぱい積んだトラックが行き来しています。

がれき処理に反対している他県のみなさま、たった一地区の置き場でも

1年経って全く減ってない状況を知ってください。


石巻1年-4



石巻1年-5



震災直後から見かける渡波被害地区の建物は、2階だけが残って1階は

車や瓦礫が刺さっている状態でした。

半分家が残っているからと、避難所から戻って2階で暮らしている方も

多いと、地元の方が言ってました。

この建物は震災直後からずっと同じ場所で同じ状態のまま残ってます。


石巻1年-6


ここが1階が駐車場が作業場だったのかな?

でも柱が鉄骨むき出しになってるし・・・


石巻1年-7


2階まで浸水した家屋や、車や瓦礫に壊された店舗は今でもそのまま

残ってるところが多いです。



やっとガラスが入れ替えられたスーパー「ヨークベニマル」。

当日、義母が義兄と一緒に買い物に来ていた場所ですが、

幸いなことに津波がくる10分前くらいに帰宅したらしく、

直接被害はありませんでした。

逃げ遅れた人は救助がくるまで屋上の駐車場で雪降る夜を

明かしたと聞きました。

建物にあった「ヨークベニマル」の看板が無くなってますが

再開なのか撤去なのかわかりません。

次に行ったときにはきっと渡波の人たちの生活に役立つものに

生まれ変わっていることを願うばかり。


石巻1年-8


「ヨークベニマル」の斜め前にあった複合ショッピング施設。

岩盤浴ののぼりも立ってた記憶があります。

ここは1年経ってもまったく手つかず。1階にはがれきが残ってます。


石巻1年-9



店舗が多い場所から少し海に近付いたところ。

ここから橋をもう1つ渡ると実家のある地域に入ります。

このあたりは住宅が多かったのか、通りに近い場所から整理されて

空き地が多くなっていました。

避難所になっていた渡波中学校があるあたりです。


石巻1年-10


見渡す先まで浸水したらしく、震災後初めてずっと向こうの住宅や田がある

道を通ってみたけど、そのあたりも被害があったとか。

ご近所のSさんが津波に追いかけられながら車を走らせ、ちょっと高い小川にかかる

橋の上で水がひくまで身動きが取れなかったとか。

今でこそ笑い話になってしまったけど、当時は「Sさんは帰らないからダメだった」

という噂まで流れていたんだそうで・・・

そんなSさんは今や両親の大親友となり懇意にしてもらってます。

生きててくれてよかった!


石巻1年-11


家が無くなってみると松林の向こうは海。

こんなに海が近かったんだね。


石巻1年-12


空き地の端にお地蔵様が建立されていました。

よく見ると、そんな光景があちこちにあって、景色は変わっても

絶対に忘れてはいけないと改めて思いました。




ちょうど1年めということで石巻市内では葬式や法事の案内板が

あちこちで見られました。

従兄同様、思い切って区切りをつけた方が多いんでしょう。

流された人たちがたどり着いた南の島は、戻る事を思い出せないくらい

賑やかで楽しい所なのかもしれませんね。

***********************************************


31日は東北道の無料化最終日。

いい天気だし、土曜日だし。

って、松島の観光渋滞ですか!?

石巻市内からずっと混んでて、松島を抜けても何度も

渋滞にはまって、7時間かけてようやく家にたどり着きました。



ご飯いっぱい置いてったと思ったら空っぽだった…∑(・ω・ノ)ノ

テオ食いすぎか!?

ご飯いれたらナナが真っ先に食いついたから犯人はテオだろうなぁ…


テオナナ 120403-1


たった1泊2日でも顔をみないと不安になるんでしょうね。

私も会いたかった!

帰ったとたんに甘えが始まって、頭突きとおもちゃと、ゴロゴロと。

落ち着くまで時間かかりましたよ。


↓だぁりん、渾身の1枚!
テオナナ 120403-2


今回はうんPてんこ盛りだったけど、翌日からの下痢もなく、

2匹で居るおかげでストレスは少なかったようです。


テオナナ 120403-3


いや、ナナのご飯食べただろう(╬╬゚Д゚)ゴラァゴラァ!!

立っても座ってもストーカーのようについてくる(笑

今もコタツから出てとなりでこっちを見ながら寝ています。

かわいいやつだ(*´ー`*)
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

お疲れさまでした
一年経って、落ち着いた頃、親戚のみなさんに会えた事は
きっと亡くなった方が引き合わせくれたんですね
ご住職さんの話の「南の島・・・・」の話
なるほどって思いました

復興してる所としてない所・・・
まだまだの状況には変わりないし
がれきって言っても
あの震災がなければ、今も必要とされてた物ばかりです
がれきの数だけ人々の生活があったわけで・・・
がれきが処理されなければ復興はありえませんから
どうぞ、みなさんもがれきの処理に反対しないで欲しいです
お願いします!

テオちゃんもナナちゃんも
お留守番、偉かったね♪
良い子です~

コメントありがとうございます(^^)

>いたずらっこさん
 この手のお話、もうそろそろしんどいんじゃありませんか?
 帰るたびに記事にするので申し訳ないです。
 実家のほうでも笑っていても相当に疲れているのがわかるので
 当時のことをこちらから聞き出すことはしません。
 あちらから話題になったらじっくりと聴かせてもらってます。
 なので毎回新事実がわかるわけで・・・
 住職さんもこの1年しんどい別れをいくつもお手伝いされたせいか
 言葉のチョイスがとってもお上手だなと思いました。
 「南の島」は切実な願いですね。そう思うことが琴線を保つ秘訣かも
 しれません。
 いや、ホントにそんな島があるかも!

 そうですよね~。がれきと書いても切ないばかり。
 そばで見れば生活用品がいっぱいありますもの。
 ゴミじゃないんですよ、生活していた証なんですよね。
 どう考えても宮城で発生した瓦礫処理は1県では無理ですから
 東北3県どころじゃなく知られてない被災地も考えると
 これはもう日本国として全体でなんとかしなくてはいけないと
 思うわけですよ。
 なんとか受け入れて欲しいですよね。

 テオナナ、思いのほかご飯が早めに無くなったみたいで
 わたくしミステイクでございます(≧△≦)
 牛の食欲をあなどったわ・・・
 水は多めに場所をわけて置いてたので大丈夫でした。
 水さえあれば大丈夫だとは思うんですけど、ナナのがっつき具合が
 不憫でした(ノω・、)ウゥ
 やっぱり1泊2日が限界ですわ~。
 
ご来訪カウンタ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おしらせ
犬猫の避妊去勢に対する
各市町村の助成金リストです
捨てるなら、殺すなら
生ませないでください
せっかく生まれてきたのだから
最期まで愛してください



猫と暮らしたいと思ったら、 ペットショップへ行く前に こちらをご覧ください。 良いご縁がありますように(^^)

山梨のエヌさんとfemiさん、
東京のKAZUさんが主に
掲載されている
里親募集サイトです。
里親募集(東京・山梨)
名古屋で保護活動されている ぶたまるさんの募集サイトです。
プロフィール

abi

Author:abi
びーと(だぁりん)とabi(あび)です

090509_0858~0001[1]


ナナ2か月


(ナナ)
きじとらの♀
2008年5月5日生まれ
(びーと決)
体は小さいがニャンコキック
が得意。
かぁちゃんの背中を踏み台
につかうおてんば娘。
おもちゃで遊ぶのが好きで
くわえてもってくるのが
得意技。
への字になった口元が萌え


テオ2か月


(テオ)
ハチワレ白黒の♂
2008年5月5日生まれ
(びーと決)
アンアンとかナンナンとか
面白い声でよく鳴く。
体が大きくて長く、黒い
プロレスタイツを履いている。
ただし、もものところに穴が
あいてて白い毛がはみだしてる。
少しドンくさいところが萌え


よろしかったらココをポチっと↓

にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ

にほんブログ村 恋愛ブログ 夫婦恋愛へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

人気ブログランキングへ

モバペ|ペット人気ブログランキング

最新記事
最新コメント
お気に入りリンク
カテゴリ
RSSリンクの表示



1日1回のお楽しみ




テオナナささみ大好き
安売りの時に買います
テオナナの主食です

100枚入りでお得!
我が家のネコ砂(おしっこ用)
我が家のネコ砂(うんち用)
脱臭効果ばっちぐ~!
ポイント10倍で楽々お得 快適ねこ生活

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。